キャッシュフローおよび運転資本改善のためのヒント

キャッシュフローの安定化を図り、ビジネスが予想外の経費に耐えられるよう備えます。

キャッシュフローおよび運転資本改善のためのヒント

財務の柔軟性を確保するための簡単な3ステップ

Cash flow and working capital are important considerations for every business owner. They're especially important for companies that use heavy machinery and a variety of expensive equipment to complete their work. How can your business improve its working capital and cash flow situations to ensure availability of funds for the wide variety of planned and unpredictable expenses it encounters?

Improve your working capital and cash flow with these 3 tips

1) Actively manage and review cash flow

It's easy to let regular review of incoming payments and outgoing spending fall by the wayside, assuming the tracking provided by a bank is enough to monitor and spot problems. While the official record is a valuable tool for double-checking transactions, it's not enough to stay on top of anticipated spending and revenue. Business owners have to be more active.

Using a cash flow statement - a ledger that tracks money coming into and leaving a business - helps you understand exactly where and when the cash flow situation changes. Major categories to track include net earnings, additions to cash and subtractions from cash - including inventory, bills, equipment purchases and similar considerations. This level of detailed attention, where business owners can get a real-time picture of their current cash flow situation, means it's easier to catch potential issues and address them before they grow.

キャッシュフローおよび運転資本は、すべての事業主が考慮すべき重要事項です。重機や様々な高額機械を使用して業務を進める企業にとって、それは特に重要です。どのようにすれば運転資本やキャッシュフローを改善し、想定内・想定外を問わず発生する多種多様な経費に充てる資金を確保できるのでしょうか?

次の3つのヒントを活かして運転資本およびキャッシュフローを改善してみましょう

1) キャッシュフローの積極的な管理および見直し

問題に対する監視や発見は銀行による追跡で充分だと考えてしまうと、収支の定期的見直しなどは途中で簡単に挫折してしまいます。公式の記録というものは取引をダブルチェックする上で貴重なツールではありますが、収支の見込額をしっかり把握するには十分とは言えません。事業主はもっと積極的に行動する必要があります。

キャッシュフロー計算書(ビジネス上の入出金額を追跡するための台帳)を使用すると、キャッシュフローがいつどこで変化するかを正確に把握できます。追跡すべき主なカテゴリーは、純益、現金の収支(棚卸資産、請求書、機器購入および類似の検討事項等)などです。この段階で細かな注意を払うと、事業主はリアルタイムでキャッシュフローの現状を把握することができます。つまりは潜在的な課題を把握することで、事前の対処が容易になるということです。

3) Effective equipment leasing options

Purchasing heavy equipment can place a major strain on your business's cash flow, tying up working capital and making it difficult to address any number of planned and unpredictable expenses. One way to work around this concern is to lease equipment instead of purchasing it outright. Leasing creates a cost that's more manageable and predictable in the short term, spreading out the large price tag over several months or years.

Other benefits of leasing include the opportunity to enjoy some tax benefits, like expensing, even though the machinery is still owned by the lessor. There are plenty of leasing options, too, to make sure business owners find the best fit among the many choices of terms and conditions. To learn more, get in touch with Cat Financial today.

 

資金面での障害を取り除くための4つの簡単なステップ

事業の成長を阻む障害を取り除く方法を模索している場合は、ここでご紹介する4つのステップを参考にしてください。

詳細

リース契約のオプション活用

機器リース契約のオプションを検討する最適な時期はいつでしょうか? 契約を破棄せずに実施可能なオプションがいくつかあります。

詳細を見る

リース vs ローンを比較する

リースとローンはどちらもそれぞれ独自の長所がありますが、恐らく最も重要なのは、双方ともに予算を最適化しながら、最新のテクノロジーを搭載した新型車両を保有できるという点です。

詳細を見る

見積を依頼する

ご購入がお決まりですか。オンラインフォームにご記入ください。販売店の担当者がすぐにご連絡いたします。

詳細