リース vs ローンを比較する

機器を導入する際リースとローンのどちらにすべきでしょう? キャタピラーファイナンスがお客様の決断をお手伝いします。

リース vs ローンを比較する

どちらも長所があります。お客様のビジネスに最も適しているのはどちらでしょう?

 リース vs ローンを比較する:お客様のビジネスに最も適してるのはどちらでしょう?


機器の購入に対して設備投資を行う場合、2つのオプションがあります。リースにするか、それともローンを組むかです。建設・土木、農業・畜産、鉱業から運輸に至るまで、幅広い分野の企業が、資金調達として可能なこれらの選択肢を活用することで、実質的な経済的利益を得ています。

どちらの方法もそれぞれ独自の長所がありますが、恐らく最も重要なのは、双方ともに予算を最適化しながら、最新のテクノロジーを搭載した新型車両を保有できるという点です。さらに、専属金融会社と提携してリースやローン取得を行うことは、単なる資金の提供にとどまらず、建機導入に関する経験豊かなパートナーとしてのアドバイスを受けることができます。

​リースとローンで利用できる特徴を比較して、現在のビジネスニーズに最適なオプションを検討してください。

 

重機をリースする場合のメリット


通常、最初の頭金はほとんど、あるいはまったく必要ありません。そのため、事業進捗に応じて必要なタイミングで重機の準備を行うことが可能です。これによって資金的な制約から解放され、これまで新たな機械購入のために取っておいた資金を、人件費や新規事務所の取得など、他の差し迫った優先課題に振り向けることができます。

もう一つのリースの魅力的なメリットは、リース料および減価償却費が税控除の対象になることです。それによって一層の 経費節減が得られます。

さらに、月額リース料は一般的にローンの月額よりも安価です。

資産に自己資本を保有する場合は、バランスシート上の負債総額を減らすことで資産負債比率も向上します。これにより、予算をしっかり整理することで、 今後に向けて一層正確な財務予測を立てることができます。 

リースが終了した時点で、リース物件に対するお客様の責任はなくなります。そのため、新たな利用機会を探すことや、将来にわたる在庫管理からも解放されます。 

 

フレックスリース

専属金融会社から提供されるリース機器にも、柔軟な返却または購入選択権が用意されています。この種のフレックスリースには、リース期間終了前に、所定の間隔で機器を直接返却または購入できるオプションが組み込まれています。このオプションは"アウツ(outs)"と呼ばれます。

例えば、この契約満了オプションを利用して、機器の60カ月リースを組むとします。36回目の支払いが終了すると、その機械を購入するか、現在のリース契約を継続するか、それとも機器を返却するか、そのいずれかが可能となります。こうした柔軟性のある契約により、御社の財務面の柔軟性を保ち、市場の低迷や季節的要因による回復基調など、変化する市場動向への対応をサポートすることができます。

 

重機をローンで取得する場合のメリット

機器の購入に際しキャタピラーの専属金融会社からのローンを利用する場合、いくつかのメリットがあります。ビジネス上の競合他社との激しい競争に備え、最新型のキャタピラーの建設機械が利用できることに加え、ローン完済後には機器を所有することができます。この点は、多くのお客様にとって重要なポイントの一つと言えます。

​建設機械の導入に伴うローンの活用については、他にもいくつかの利点があります。米国の事例ですが、内国歳入法第179条により、機器購入に対する控除として最大50万ドルを請求することができます。基準額を変更して土壇場での延長に投票した数年後、米国議会は最近になってこの控除額を恒久的なものとしました。これにより、事業主は、控除額が突然減少するかもしれないという不安を持つことなく、新規予算の作成および正確な財務予測に安心して取り組めます。 

 

専属金融会社との提携

何十年もの間、お客様の業界をサポートさせていただいた経験から、事業拡大に向けた短期的・長期的戦略について、専属金融会社は、お客様と提携してそれを生み出す能力とノウハウを備えています。

専属金融会社は業界に精通しており、ビジネスサイクル、市場動向、金融に関する知識に止まりません。

つまり、ベストプロダクトの提供だけでなく、必要とされる柔軟かつ持続可能な資金調達についても、確実に任せられるということです。それは機器の導入がリースかローンかを問いません。さらに、専属金融会社では、あらゆる建設・土木機器ファイナンスおよび保険ニーズに対応するOne-stop shoppingと併せて、オンコール・サポートおよび訪問サポートをご提供しています。

こちらをクリックして 専属金融会社が提供している機器リース&ローンの詳しい内容をご覧ください。 

 

資金面での障害を取り除くための4つの簡単なステップ

事業の成長を阻む障害を取り除く方法を模索している場合は、ここでご紹介する4つのステップを参考にしてください。

詳細

企業向けファイアンスを利用する際に役立つ6つのヒント

ファイナンスは、特定の事業運営の障害を乗り越えるための手段です。企業向けファイナンスを利用する際の6つのヒントについて考えてみましょう。

詳細

見積を依頼する

ご購入がお決まりですか。オンラインフォームにご記入ください。販売店の担当者がすぐにご連絡いたします。

詳細