資金面での障害を取り除くための4つの簡単なステップ

需要が多すぎてリソースが不足すると、どのような事業でも微妙な状況に置かれる可能性があります。成長を阻む資金面での障害は、中間目標を達成するための企業の能力を制限し、新しいチャンスが訪れたときに遅れをとる可能性があります。さらに、この問題にすぐに対処しないと、資金面での障害が企業の負債につながることさえあります。

事業の成長を阻む障害を取り除く方法を模索している場合は、以下にご紹介する4つのステップを参考にしてください。

 

1. ニーズを評価する

目標とするニーズの評価を実施することは、アップグレード、投資、または注意を必要とする事業分野を支援するための非常に重要な第一歩です。成功を収めるうえで何が必要かがわからないと、タイヤが空回りするだけで、牽引力を得ることはできません。

必要な主要機械を調達することは、事業を行う上で大切な要素の一つになると思います。お客様の業種が建設土木、農業畜産、鉱山、または重機を扱う必要があるその他の業種のいずれであっても、投入機械の資金を調達する方法を見つけることは、多くの企業にとって課題となる場合があります。

 

Equipment leasing can be an easy way to free up capital and grow your construction firm.

リース取組すると、オフバランス化による機械取得が出来、お客様の会社を成長させる近道になる可能性があります。

 

2. 事業目標の計画を立てる

ニーズを評価したら、目標達成の為、計画を立て、関連する情報を入手します。新規顧客数、売上成長率等の具体的な目標を設定される上で、資金調達に関する計画策定は大切になると思います。

資金を他のことに利用するための最も簡単な方法の1つが、機械を購入するのではなくリースを利用することです。リースを利用すれば、新規購入機械の支払代金相当の資金を他に利用できます。そうすることで、賃金引き上げ、材料の購入、または目標とするマーケティングキャンペーンに投資するなど、資金を成長計画のために柔軟に投入できます。

 

3. 進捗状況を監視する

事業目標を設定したら、中間目標に対する会社の進捗状況を追跡するプロセスを実施する必要があります。計画が機能しているかどうかを監視する方法がなければ、事が順調に進んでいることを判定することはできません。

 

「統合基幹業務システムは、重要業績評価指標(KPI)を追跡するためのよい方法です。」"

 

KPIの追跡を支援する1つの方法は、企業リソース計画ツールを使用することです。このツールの多くはクラウドベースで、お客様の保有車両に関する有益な情報にリアルタイムでアクセスできます。このようなシステムは一般に、すべてのプロジェクトのステータス、オープンな作業指示、および完了日を視覚化して、お客様が予算の範囲内で予定どおりに業務を進めるのに役立ちます。

また、Product Linkなどのテクノロジーパッケージでは機械からデータを送信し、機械の場所、状態および生産性に関する必要不可欠な情報を作成します。マッピングおよび複数機械生産能力を測れると共に、状態と使用状況に関するレポートをカスタマイズすることもできます。

事業の成長が見込めるか、より広い視野でとらえるのは賢明です。2米国中小企業庁 によると、社内プロセスの改善に集中するよりも、競合他社およびサプライヤーチェーンと存在する市場に適合している部分を特定する方が良い場合があるとしています。  これにより、あらゆる可能性を正確に特定するための視野が広がります。

 

4. 目標 / ニーズを再確認する

ニーズを満たし、目標を達成するための戦略的なビジョンは、変更できる必要があります。1年後に、元の成長計画では満足できないと気づくかもしれません。状況が変わると、社内外の新たな要因が付きまとう場合があります。この要因には、材料費の上昇、新しい規制へのコンプライアンス、破壊的な競争などが挙げられます。

基本計画は動的であるだけでなく、業務の規模をすばやく拡大縮小したり、業界の動向の変化に対応したりできる必要があります。以上の4つのステップによって、お客様が直面する資金面での障害をすべて取り除くことができるとは限りませんが、お客様が順を追って資金を獲得できるように導き、継続的に成功を収めることができるようにするうえで役立ちます。